ワインレッドの紅生姜

ワインレッドの紅生姜

お料理のアクセントに。
赤しその時期につくり置きすると、お弁当やお寿司、お好み焼き、冷中華などに重宝。
お料理の味をグッと引き締め、おいしさに深みが・・・。
生姜は食欲増進の働きを持つシネオールが含まれており、疲労回復・夏バテ解消、
そして健胃・解毒・消炎作用も。
浄血力にすぐれていますが陰性なので、陽性を合わせて上手にとりたい食材です。


材料
 生姜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・500g
 自然塩(下漬け用)・・・・・・・・・・・200g
 赤しそ・・・・・・・・・・900g(1束3000g×3)
 自然塩(塩もみ用)・・・・・・・・・・・300g
本漬け用梅酢・・生姜としそがかぶる量

作り方
?生姜の皮をむき、チャック付きのビニール袋に入れて塩をふりかけ、重石をして5日ほど置く。
?赤しそを水洗いして水を切り、塩をふってしっかり揉み、水分をよくしぼる。
?生姜を取り出し、用途別に切り分ける(2mm程の薄切りやボールペンほどの棒状に)。
??と塩揉みした赤しそをビンに詰め、梅酢をヒタヒタに入れる。
※赤しその葉は多い方が色よく仕上がります。
※梅酢の塩分がうすくなると上の方からカビが出やすくなるので、カビを発見したら、すぐに取り除き、
 上からたっぷりの塩をふりかける。
※自家製の梅酢がない場合、自然食品店などでお求めください。赤しその塩揉みを入れると紅色になります。